社会保険労務士の資格を取得して年収アップ

社会保険労務士の資格を知る!

前職を退職後、インターネットで様々な会社の求人を探していました。中々人事・総務関係のお仕事が少なく、求人は直接利益を持ってこられる営業系ばかりでした。

そんな時にある企業の人事・総務の募集があり、そこの条件に社会保険労務士の資格者優遇と書いていました。 もちろん社会保険労務士の資格の存在は知っていましたが、具体的にどのようなことが行える 資格なのか恥ずかしい話知りませんでした。

色々調べてみると資格の概要は、社会・雇用・労働保険に関する書類の作成・提出、就業規則・人事・賃金関係のコンサルティング、年金の請求などの仕事が出来るとなっています。

要は今まで私が企業に所属してやっていた仕事を第3者の有資格者が代理で行えるということです。又資格手当てを支給する企業もあり、転職・就職に有利で、さらに独立して開業している人も多く、年収が1000万を超える人もざらにいるというくらい魅力的な資格でもありました。

しかしそう簡単に取得できるほど甘いものではないらしく合格率が毎年7~9%近くで、 1年や2年では中々合格できないというくらい難易度が高かったのです。

それでも勉強法を間違えなければ決して取得不可能な資格でもないということなので、 思い切って社会保険労務士の資格を目指すことに致しました。

話が少し飛んでしまいましたが、就職先はというと、従業員100人程度の運送会社の人事・総務として働くことになりました。この会社は問題が多く特に就業時間がめちゃくちゃで、酷い時には1日20時間以上働いていることもあり、そのため従業員の出入りが非常に多かったのです。

私の仕事自体はそうでもないのですが、一般の作業員は大変な肉体労働に耐え切れず、入社したその日にやめていく人たくさんいたほどです。とにかく辞めては、新しい人が入り、又辞める この繰り返しでした。

何とか労働条件を変えようと会社に色々提案しましたが、理屈は通じない体育会系の会社でしたので、思い通りには行きません。

しかし私がこの会社に入った時、人事系のコンサル的な役目を果たしたいと思っていましたから、 根気強く社長を説得し、少しずつ就業規則を改善していって、私が辞める年には社員の定着率が30%も増すことができました。その辺は高く評価してもらいました。 それからも毎日試行錯誤しながら、仕事をこなし、この会社には約1年半お世話になりました。

私は通信講座を利用して、非常に効率よく合格することができました

Copyright:社会保険労務士の資格を取得して年収アップ!
リンク集